更新日 : 2020年10月14日

【トラブル注意!】ドッグランに通い始める前に知っておくべきトラブルとは?

運動不足解消のために人気なのがドッグランです! 

ドッグランには様々な飼い主や犬種の犬が入り乱れる為、しばしばトラブルに発展してしまうことがあります。

せっかく初めて行くのにトラブルに巻き込まれるなんてごめんですよね?

そこで、ドッグランに通い始める前に知っておくべきことをお伝えします。

1、ドッグランとは?

ドッグランに通う目的とは?

ドッグランに通い始める人の多くが、リードを使わずに愛犬を走らせてあげたい、ほかの犬と触れ合う事で社交性を身につけさせたいからと通い始める人が多いでしょう。

また、ドッグランに来る人は犬好きの人が多い為、愛犬についての情報交換の場として通い始める人もいます。

ドッグランはどんな場所?

ドッグランでは決まった空間ではありますが、自由に走ることが出来ます。また小型犬や大型犬毎に空間を仕切っています。そしてドッグランを行っている施設内にトリミングやしつけ教室、プールがあるなど施設によって様々な特徴があります。 

仕切っているとはいえ、基本的に自由に走る事の出来る場所なのでそこを分かって連れて行く必要があるでしょう。

2、ドッグランに通い始める前にやっておくべきこと

必ず予防接種を受けておく

ドッグランでは様々な犬が入り乱れる為感染症のリスクが高くなります。

それを予防するために「狂犬病」や「混合ワクチン」の予防接種をしているか確認は勿論ですが、予防接種を証明する「注射済票」を求められます。

 他にも「ノミやダニ予防」の予防接種を行っているか確認する場所もあります。

初めて行くドッグランの場所は、そのようにきちんと確認してくれる場所に通う方が安心ですよね。

 3、愛犬が原因で他飼い主とトラブルにならないために教えておくべきしつけとは?

おいで!

ドッグランはご紹介した通り、リードを付けずに自由に走り回れる場所となっています。そのためたくさんいる犬の中で愛犬を捕まえるのは大変です。そのためすぐ飼い主の下に帰ってきてもらうために覚えさせておくべきでしょう。

待て!

知らない犬がたくさんいる場所で愛犬が興奮してしまうかもしれません。もし興奮してしまうとその場で暴れだしてしまうなんてことも考えられます。そうならないためにも、興奮したときに待てを聞けるように、事前にしつけをしておきましょう。

だめ!

ドッグランに来ている犬には、愛犬の興味を引くおもちゃで遊んでいる犬もいます。

そんな時に急に飛びついたり、おもちゃを取ろうとして飼い主同士でトラブルに発展してしまうことがあるのです。

そうならないためにも、飼い主がやってはいけないことをきちんと教えてあげないといけません。教えるために、しつけとして「だめ!」を覚えさせておきましょう。

4、飼い主のマナーでトラブルになることも・・・。

 飼い主同士でトラブルにならないために守りたいトラブルを紹介

・糞は片づけて、ごみもきちんと持ち帰る

・愛犬が他の犬に対してマウンティングを取っているときは制する

・他の犬へケガをさせるような動きを見せたら制する

・施設のルールを守る

・愛犬から目を離さない

いずれも守らなければ、愛犬同士のトラブルよりも重大なトラブルになる可能性が高いものです。ドッグランでは愛犬だけではなく飼い主のマナーも非常に大切です。

まとめ

ドッグランに来る人は様々な人で、自分はそんなつもりがなくてもペットトラブルになりやすい場所です。トラブルを避けるために事前にご紹介した3つのしつけはマスターしておきましょう。また飼い主のマナーも他の飼い主は見ているので気を付けておきましょう。

楽しくドッグランを楽しむために、ぜひ今回の記事を参考にしてください。