更新日 : 2020年10月31日

飼い主必見!愛犬の老後介護を快適にしてくれるペットグッズとは?

愛犬の老後のイメージが湧かない飼い主さんは多いと思います。

今は、老後の介護に必要なグッズも豊富に販売されていますが、知らないと介護は本当に苦労するでしょう。

そこで、今回の記事では老後に使うと便利なペットグッズについて紹介します。

1、愛犬は老後どうなってしまうのか?

寝たきりになる

老犬になると、犬は足の力が弱くなるため寝ている時間が多くなります。

寝ている時間が増えると、長時間体の一部分に圧がかかり続けるため傷が出来てしまいます。なので、飼い主の手で愛犬の姿勢を一定時間ごとに変えてあげる必要があるのです。

他にも、寝ている時間が増えて寝たきり状態になると、トイレも寝たままするようになります。そのままにしていては愛犬の皮膚が荒れてしまうので、必ず清潔に保っておく必要があるのです。なので、老後には常に飼い主の介護が必要と思ってください。

留守番をさせることが多くなる

体力が少なくなり、飼い主が遠出する際には家で留守番をする時間が増えます。

老犬になると、留守番している間にトラブルが起こることもあります。そんな時にご近所付き合いをしておくと早い段階にトラブルを見つけることが出来るでしょう。また留守番中に認知症の影響で徘徊してしまうこともあります。そんな時にご近所さんが見つけて保護してくれる環境だと安心です。

ご近所に知り合いがいない場合には、カメラなどを設置して留守番中の様子を観察すると安心できますよね。

トイレの失敗が増える

老犬になってくるとトイレのタイミングが分からず寝床で失敗してしまうかもしれません。また足の力が弱っているため、普段トイレをしている場所の途中で失敗してしまうこともあります。

対策としては、床に洗濯しやすい素材のマットを敷いてどこで失敗しても大丈夫なようにしておくことです。それが大変な場合には、寝床のすぐ近くに新しくトイレを設置するのも一つの手になります。他には、トイレのタイミングをある程度把握することで、タイミングよく介護にてトイレを済ませる方法もオススメです。

散歩のペースが遅くなり、長い距離が大変になる

老犬にとって散歩をすることはストレスの発散になります。また弱っているとはいえ、散歩は最後まで歩ける体力を維持するための訓練にもなるので出来る限り続けてあげましょう。

ただし、散歩による関節への負担を考慮して無理をしすぎないことも重要です。また散歩で歩いて足を怪我しないために、散歩に行く前にマッサージをするのも大事なケアになります。

あまりにも飼い主が体力維持しないといけない!と意気込んで愛犬を追い込んでしまうケースもあります。体力維持は大切です、しかし散歩はストレス発散の意味合いが強いので、愛犬の負担にならないようにペットグッズを使って散歩することがオススメですよ。

食べる量が減る

年を取ると、味覚や嗅覚が低下するため食事が美味しく感じられなくなります。

そのため愛犬の食事量は減ってしまいます。それでは栄養が足りなくなるので工夫が必要になります。

具体的には、愛犬が好きな香りの食べ物を混ぜてあげるのがいいでしょう。また飲み込む力が弱くなっていることもあるので、喉ごしの良いスープなどを飲ませてあげるのもオススメです。

2、愛犬が老犬になった時にサポートしてくれるグッズとは?

歩行補助ハーネス

足腰の筋力が低下した老犬の歩行を手伝ってくれるグッズです。これをつけると足腰への負担が軽減されるため散歩中の関節への負担を減らすことができ、楽に散歩することが出来ます。

ドッグカート

散歩は愛犬のストレス発散のために大切なことです。しかし足が弱って中々外に出れない愛犬を外に連れ出す時に便利なのがこのグッズになります。

日よけなども付いているので、暑い時期でも愛犬の体調を守りながら散歩できるのでオススメですよ。

体圧分散マット

寝たきり状態になった愛犬に使ってほしいグッズになります。寝ていることで起こる床ずれを防ぐことが出来るので必ず使ってください。

また種類によっては愛犬が起き上がりしやすい構造になっている物もあるので使ってみてください。

その他にも、撥水加工や、洗えるようになっているものがあるのでぜひ愛犬に合ったものを選びましょう。

まとめ

必ず愛犬にも老化現象は起こってしまいます。

その時に、飼い主のあなたは介護をする必要があります。しかし介護は思っているよりも苛酷なためついつい愛犬にあたってしまう人も多いのが現実です。

そんな飼い主の負担を減らすことが出来るペットグッズはしっかり活用していきましょう。