更新日 : 2020年12月09日

犬が起こした事件3選!危険と言われている犬種とは?

犬は、可愛い反面凶暴な一面をもつ犬種がいる事を、ご存知でしょうか?

そして、犬が事件を起こしてニュースになった事が、過去に何例かある事もご存知でしょうか。

犬を飼うと言う事は、可愛い可愛いと育てているだけでは、後々トラブルに発展してしまう恐れがあり、そのトラブルの責任は飼い主さんにあります。

今回、犬の事件で有名な出来事を3つと、凶暴化しやすいと言われている犬種をご紹介いたします。

犬が起こした事件3選!

犬が起こしてしまった事件の中で、日本でも有名な事件を3つご紹介いたします。

事件①飼い主が襲われ、その愛犬は死亡した事件

千葉県男性宅で飼育されていた、アメリカン・ピット・ブル・テリア(雄)が起こした事件です。

そのピットブルは、鎖などで繋いで飼育されず、放し飼いだったという事で、飼い主である男性がが、外出をしようと自宅玄関を開けようとした際に、犬が逃げ出してしまいました。

その後、近所にいた女性の腕やおなかを噛み、その女性が抱いていた雄の
トイ・プードルにも噛み付き、トイ・プードルは死亡しました。

女性は重傷を負いました。

ピットブルの飼い主は、「申し訳ない事をした」と話しているといいます。

事件②生後10ヶ月の女児が犬に噛まれ死亡した事件

東京八王子市の男性宅で、飼われていたゴールデンレトリバー(雄)が、男性宅に訪れた生後10ヶ月の女児に噛み付きました。

119番通報をして、救急隊が駆け付けたときには、頭から血を流していた状態で、病院へ搬送したが、約2時間後に死亡が確認された。

事件③飼い犬2頭に生後11ヶ月の男児が噛まれ死亡

富山市の住宅の庭で、飼っている大型犬のグレードデーン2匹が、生後11ヶ月の男児の頭を噛み、病院に運ばれたが、約2時間後に死亡した。

その時の状況は、祖父が男児を抱っこしていたところ、突然噛まれ、犬を取り押さえようとして祖父は両足を打ち、ケガをしました。

2匹は放し飼いされていたという。

犬が起こした事件は飼い主の責任になります。

上記で紹介した通り、日本でも犬が噛みつき死亡したと言う事件は起こっています。

犬が起こした事件やトラブルは、ペットの所有者である飼い主さんに責任があると、法律で決められています。

ただし、飼い主さんが、相当の注意をもってペットの管理をしていた事を
証明する事ができれば、第三者に生じた損害を賠償する義務を免れる事となります。

ですが、犬が起こしてしまった事件の多くは、飼い主さんの管理方法がずさんだったという内容ばかりです。

全ての犬に言えますが、特に、凶暴な一面を持っている犬種を飼育している場合、常日頃その事を忘れずに、しつけや飼育管理を行う必要があります。

凶暴な性格を持つ犬種について

犬には、その犬種特有の性格と言うものがあるのですが、沢山いる犬種の中でも、凶暴な性格を持っているという犬種は

  • アメリカン・ピット・ブル・テリア
  • ドーベルマン
  • ロットワイラー
  • ボクサー
  • ウルフドッグ
  • ジャーマン・シェパード・ドッグ

上記の犬種は勇敢であったり、賢く飼い主に従順なのですが、育て方を間違えたり、何かのスイッチで凶暴化することのある危険な犬種です。

この中でも、人間を噛んで死亡させてしまった事件や重傷を負わせてしまったと言う事件を多く起こしている犬種は、アメリカン・ピット・ブル・テリアです。

元々闘犬として作られた犬種なので、噛む力も強く、攻撃的な性格をしています。

複数の国で、輸入や飼育が禁止されていますが、日本ではそういった規制はなく
飼育している方も多くいらっしゃいます。

まとめ

いかがでしたか?

この記事で、取り上げた犬種は、決して飼わない方が良い、危険な犬種な訳ではありません。

それぞれ、可愛い一面もあり、きちんと育てていれば、最高のパートナーとなってくれることでしょう。

ですが、どの様な犬種にも言えることなのですが、こういった悲しい事件を起こさない様、
特に攻撃的な一面もあると言われている犬種を飼う場合、しつけや飼育管理をキチンと行えることを第一条件に飼育してください。