更新日 : 2020年12月12日

【ペット保険】SBIいきいき少額短期保険のメリット・デメリット

ペット保険の中でも人気上位と言われている、SBIいきいき少額短期保険は、月々の支払い負担額が少なく、手厚い補償が受けられる点では、とても良い保険のように思えます。

しかし、デメリットがないペット保険はありません。

今回は、ペット保険、SBIいきいき少額短期保険のメリット・デメリットをご紹介いたします。

SBIいきいき少額短期保険はどんな保険?

SBIいきいき少額短期保険の特徴について見ていきましょう!

プランは4つから選ぶことができる。

補償内容プラン70スタンダードプラン70ライトプラン50スタンダードプラン50ライト
補償割合治療費用の70%治療費用の70%治療費用の50%治療費用の50%
年間支払限度額年間70万年間70万年間50万年間50万
1日あたりの免責金額0円7,000円0円5,000円
通院支払額(1日)治療費の70%治療費の70%から免責金額の差し引き治療費の50%治療費用の50%から免責金額の差し引き
入院支払額(1日)治療費の70%治療費の70%から免責金額(日数分)の差し引き治療費の50%治療費用の50%から免責金額(日数分)を差し引き

免責金額とは…
免責金額とは、一定金額の自己負担はしなくてはいけないということ。
つまり、1日あたり5,000円、または7,000円を必ず自己負担しなければいけないプランとなっています。

(50%プランの場合、免責金額5,000円+治療費の50%を支払う)

その代わりに、免責付きのプランに加入すれば、月々の支払いを最小限に抑えることができるのです。

月々の支払額について

SBIいきいき少額短期保険は、格安で話題なのですが、どのくらい安いのでしょうか?ここでは、小型犬でWEB割引有の場合の例をまとめてみました!

年齢プラン70スタンダードプラン70ライトプラン50スタンダードプラン50ライト
0〜2歳1,890円882円1,350円630円
3〜5歳2,205円945円1,575円675円
6〜8歳2,835円1,071円2,025円765円
9〜11歳3,402円1,260円2,430円900円
12歳〜4,158円1,449円2,970円1,035円

SBIいきいき少額短期保険のメリット

近年、医療の発達もあり、わんちゃんの平均寿命が伸びてきているのですが、保険料は、年齢が上がるにつれて高くなるばかり…。

ですが、SBIいきいき少額短期保険は、上記でも紹介した通り、月々の支払額は比較的安く、家計に優しい点はとても大きなメリットとなります。その他にもメリットはあるので、それぞれご紹介いたします。

1回あたりの治療費用補償が無期限・無制限

保険会社の中には、手術1回あたりの補償上限がついていたり、回数制限がついていたり、少し厳しい制限が条件となっているのですが、SBIいきいき少額短期保険では、どちらも無制限で使用することができるのです!

※年間最大限度額の範囲内であれば無制限です。

新規申し込み可年齢は生後2ヶ月〜11歳11ヶ月まで

一般的には、10歳までしか加入できない保険が多いのですが、SBIいきいき少額短期保険は、11歳11ヶ月の高齢犬までもが加入できて、一生涯補償が続くので、
高齢になり、病気が心配だと言う方には嬉しい設定ですね。

格安でありながら、治療費用の補償がしっかりできる

安い保険の場合、通院のみ、通院・入院のみ、など、治療費用の補償が限られてくるのですが、SBIいきいき少額短期保険は、全てのプランで、通院・入院・手術の治療費用を保証してくれます!

WEB申し込みで保険料から毎月10%割引

インターネットからの申し込みをした場合、保険料を全期間10%割引が適用されます!SBIいきいき少額短期保険はネット申し込みがお得です。

SBIいきいき少額短期保険のデメリット

SBIいきいき少額短期保険には、デメリットもいくつかあるので、ご紹介いたします。

ヘルニアと膝蓋骨脱臼が対象外

犬がかかりやすいと言われている病気が、対象外の場合があります。

胴長の犬に良く発症する、椎間板ヘルニアもその一つです。他にも

  • 歯科治療・口腔外治療
  • 膝蓋骨脱臼
  • 停留睾丸
  • 臍ヘルニア
  • 鼠径ヘルニア(怪我の治療目的で行われる場合)

などが、保険対象外となっています。

加入後に保険対象外の内容を知り、後悔しない様に申し込み時には、契約の約款をしっかりと読んでおきましょう。

ライトプランは1万円以下の治療は補償外

みなさま見逃しがちなのですが、ライトプランの場合、1万円以下の治療の場合は、補償外となり自己負担となります。

保険金は後日精算で、支払いまで時間がかかる

SBIいきいき少額短期保険は、後日精算なので、受け取りに時間がかかります。SBIいきいき少額短期保険の場合、申請してから原則30日以内で支払われるのですが、遅くて1ヶ月かかることもあります。

まとめ

SBIいきいき少額短期保険についていかがでしたか?

ペット保険は、落とし穴が多く加入してから、後悔したという方が多くいらっしゃいます。

そうならないためにも、保険選びは慎重に行いましょう!