更新日 : 2020年12月26日

今人気の犬用ファーミネーターについて解説!

犬用ファーミネーターとは、ペット用ブラシのことです。愛犬のお手入れで抜け毛の処理は面倒で厄介に感じている飼い主も多いと思います。

特にダブルコートの犬種を飼っていると換毛期に抜け毛で皮膚病を発症してしまったり、抜け毛が床に溜まって不衛生な部屋になりやすいです。

今回の記事では、そんな抜け毛のトラブルを簡単に処理してくれるアイテムであるファーミネーターについて解説していきます。

1、ファーミネーターについて解説!

そもそもファーミネーターって何?

ファーミネーターはアンダーコートの抜け毛を処理する専門のブラシになります。

その特徴は、優しくブラッシングすることで90%も抜け毛が除去できることです。簡単に抜け毛を処理できるため。毎日愛犬のお手入れを行うことが苦でなくなります。

愛犬の肌にも優しい

ファーミネーターに使われている刃は、特許技術を取得しているもので皮膚や被毛にダメージを与えない仕様になっています。そのため愛犬にケガをさせる心配がないため安心して使うことが出来ます。

ファーミネーターを使うメリット

・皮膚トラブルを予防できる

抜け毛のお手入れをすることで、毛玉ができにくくなることで体の通気性がよくなります。するとそこにダニやノミが湧きにくくなるため皮膚トラブルを予防できるのです。また獣医師の多くはファーミネーターを毛玉ケア対策として推奨しています。

・家の掃除が簡単で負担が減る

犬種によって大量の抜け毛を出してしまうことがあります。そんな犬の毛をブラッシングすると、周りに抜け毛が舞ってしまい部屋が抜け毛だらけになりがちです。

しかしファーミネーターを使えば抜け毛が舞ってしまうこともなく部屋が汚れません。またごみを捨てるときにも、ワンプッシュで可能であり非常に簡単です。床に落ちる抜け毛が減ればブラッシング後の部屋の掃除も簡単なので使い勝手がいいです。

商品のラインナップが充実している

ファーミネーターは、犬種や個体差、被毛の長さに合わせて選ぶことが出来ます。そのすべてに対応できるように商品のラインナップが充実しています。

なので多頭飼いしている飼い主の方は、愛犬それぞれに合わせてファーミネーターを揃えてあげましょう。

2、ファーミネーターの種類

5つのサイズがある

ファーミネーターは、まず短毛種用(被毛の長さ5cm以下)と長毛種用(被毛の長さ5cm以上)があります。そしてそれぞれに5つのサイズがあります。

サイズは、XS~XLとなっています。

具体的には

XSサイズ:体重5kg未満までの超小型犬用

Sサイズ:体重5~10kgまでの小型犬用

Mサイズ体重10kg~20kgまでの中型犬用

Lサイズ体重20kg~40kgまでの大型犬用

XLサイズ体重40kg以上の超大型犬用

ファーミネーターを使ってほしいオススメの犬種について

ファーミネーターは抜け毛の多いダブルコートの犬種に使うことでより高い効果を発揮します。

具体的な犬種としては、柴犬、ポメラニアン、ウェルシュコーギー、キャバリア、ラブラドール、ジャーマンシェパードなどです。

こんな犬種にはファーミネーターを使わないようにしてください

これはシングルコートの犬種です。シングルコートの場合、換毛期がないため抜け毛の量もわずかなためファーミネーターの使用はお勧めできません。

具体的な犬種としては、トイプードル、シーズー、マルチーズ、ヨークシャーテリア、ビジョンフリーゼなどです。

まとめ

ファーミネーターはアンダーコート専用のブラシのことです。それを使うことで換毛期に起こりやすい愛犬の皮膚トラブルや部屋の不潔を防ぐことが出来ます。また使用方法も簡単で誰でも扱えることも人気の理由です。ぜひ愛犬のお手入れのためにご家庭に1本ファーミネーターを用意することオススメします。