更新日 : 2021年01月21日

シニア犬を飼う飼い主に選ばれている高栄養ドッグフード「ピッコロ」とは?

美味しいのにカロリー控えめ!シニア犬のためのイギリス産ドッグフード
『ピッコロ』

ペット業界にも高齢化の波が来ています。それに伴い、高齢化した愛犬に美味しいご飯をいつまでも食べてほしいと願う飼い主は増えています。

そこでシニア犬における食事の変化や、どんな食事が合っているのかを解説していきます。そして最後にシニア犬に今最もオススメのドッグフードを紹介します。

1、シニア犬の食事の変化について

シニア犬になるにつれて大きく変化する食事の変化は次の2つになります。

内臓が弱って栄養を十分に吸収できなくなる

内蔵が弱ってしまい、同じ量を食べることが出来たとしても吸収できる栄養量が低下してしまいます。また内臓が弱ることで消化不良を起こしやすい体に変わっていくため、今まで食べることが出来ていた食事内容であっても下痢を起こしやすくなるのです。そうなってしまうと脱水症状を頻発するようになり、食が細くなってしまいます。

運動量が減って食欲が減少する

シニア犬になるとこれまでよりも散歩の距離は短くなり、室内での遊びも短時間しかできなくなってきます。そうなると必然的に動いてない分、食事量も少なくなっていくのです。

そして食事量が少なくなると栄養が補給できない為、二次的に内臓が弱まるのを助長してしまうので注意が必要になります。

脂質と高カロリーの食事で太りやすくなる

犬も人間と同様に年と共に代謝が落ちて太りやすくなります。その上シニア犬は体力低下に伴い運動量が減るので余計に肥満のリスクが高いです。また成犬になった時から同じ食事内容では、脂質とカロリーが代謝よりも多くなり太ってしまうため見直しが必要になります。

2、シニア犬にぴったりの食事とは?

少ない量でたくさんの栄養を摂れるものがオススメ!

食欲が日によって低下しやすいシニア犬は、低栄養になりやすいです。そのため少しの量で、出来るだけ多くの栄養を補充できる食品を食べる必要があります。また筋肉が落ちやすくなっているため、たんぱく質を多く摂取することで体力低下の予防になるので、高タンパク質の食事を心がけましょう。

犬が好む味付けのドッグフードがオススメ!

食べ物はなるべくドッグフードをオススメします。その理由としてはドッグフードであれば消化に良いものを使っているため、食事による内臓への負担が少ないからです。そのため下痢をしにくくなり、食欲が低下することがなくなります。

3、シニア犬向けドッグフード「ピッコロ」をオススメ!

商品コンセプトについて

商品のコンセプトが、「シニア犬になってもいつまでも健康に美味しい食事を楽しんでほしい」という飼い主の思いを叶えることです。会社はこの商品を作ることで、シニア犬の食を心配している飼い主にとって安心と安全を実現しています。

商品の特徴について

こちらの商品価格は3,960円となっています。

★詳細はこちらから★

そして何といっても、低カロリー・低脂質にも関わらず高品質の高たんぱくの仕上がりになっていることが特徴です。シニア犬はどうしても食欲が低下しやすいので、高栄養のドッグフードは少しの量でも1日に必要な量を確保できるので非常にオススメです。

使われている材料の秘密について

シニア犬にフィットするように仕上がっている秘密は、

「高品質なチキン」と「高品質なサーモン」を70%以上も使用していることです。

これにより高たんぱくなのに、カロリーと脂質を抑えることに成功しています。

さらにシニア犬の食の安全を守るために「グレインフリー」「着色料・香料不使用」となっているので安心です。

まとめ

シニア犬になったら食欲が低下、内臓機能が弱って消化機能が低下してしまいます。そのため少量で多くの栄養を補給できる食事が最適です。また普通の食べ物よりも犬用に作られたドッグフードの方がシニア犬にとって消化がしやすいのでオススメです。そんなドッグフードの中でも特に高栄養でシニア犬にピッタリの「ピッコロ」を今回紹介しています。興味を持った方はぜひ購入して愛犬を喜ばせてあげてください。