更新日 : 2021年02月27日

愛犬の食事のしつけを子犬の時から始めよう!

愛犬の食事のしつけは子犬の時から始めましょう。

しかしそこには気を付けないといけないポイントがあります。

それを知らずにしつけをしようとすると、失敗することも多いです。

一度失敗すると、愛犬が家庭のルールを覚えるのに時間がかかりすぎてしまいます。

そこで食事をしつけやすい子犬の時のしつけのコツをお伝えします。

1、子犬からしつけが必要なの?

愛犬にまずは上下関係を教えることが大切なので、子犬の時からしつけが必要です。

もし、子犬の時期に行わなければ成犬になると全くゆうことを聞いてくれません。またそんな我儘なまま成長すると、様々なものに攻撃的になります。

せっかくの可愛い愛犬ですから、いろんな人に愛されるような賢い犬になってほしいものです。そのためにも、子犬が習得しやすいしつけの方法をやっていきたいですよね。

2、食事の時間をしつけに使う理由とは?

ほとんどの犬の場合、食事はしつけに非常に有効です。なぜなら犬は食事が何よりご褒美になるためしつけがしやすいのです。

特に子犬の時には飼い主と信頼関係が出来ていません。しかし食事というツールを使えば、お互いの意思疎通を図ることが出来るんです。

だからこその食事の時間にあえてしつけを行いましょう。

3、子犬のしつけを始めるべき時期とは?

子犬が離乳食を食べ始めたタイミングで、トレーニングを始めましょう。

この時の子犬は一度にたくさん食べることが出来ないので、トレーニングする時間は限られています。そこで一日に食べる食事量を分けることで時間を確保するようにしてください。

4、食事のしつけの手順をお伝えします

まず皆さんにお伝えしたいことが、愛犬は飼い主の指示なしに食事を食べてはいけないということを教えることです。

なので、食べていいよ!と飼い主が言うまで我慢する癖が定着するまで徹底的に教えましょう。そしてこの食事中に待て!ができるようになると、食事以外の場面でも待て!と言うとどんな場面でも待てるようになります。

そしてその手順は

子犬に待てを教える

まずは子犬から離れた場所に食事を用意してください。そして子犬にリードを付けて子犬の動きをコントロールして下さい。その状態で「待て」と指示を出し、子犬が反応するのを待ちましょう。そして反応して待つことが出来れば食事をあげて褒めましょう。

子犬によし!を教える

飼い主の指示を待てるようになれば、次はよし!と声をかけご飯をあげましょう。

根気が必要なので、時間をかけてゆっくりやりましょう。

5、しつけをする時に飼い主が気を付けるべきポイント

子犬に威嚇されてもご褒美をあげない

子犬は待て!と飼い主に指示されている間、飼い主を威嚇するために吠えることがあります。しかしそこであげてしまうと、吠えるとご飯を食べさせてくれると勘違いするので気を付けましょう。

そこであえて子犬を無視してご飯は与えずその場を離れましょう。そして食べるタイミングは飼い主がよし!と言った時だけにするのです。

ご飯を残したらすぐに片付けましょう

ご飯を残した時は、すぐ片付けてください。これは食事をいつまでも残しておくと、愛犬が好きな時に食べることが出来る自分が一番偉いと勘違いしてしまいます。

またいつでもご飯を食べられると愛犬に思われると、常に食事を欲しがり肥満の原因にもなるのでやめておきましょう。

食事時間を決めるのは飼い主です

ご飯をあげる時間は毎日同じ時間になるようにしましょう。もし遅くなってもその日の内にご飯を必ずあげてください。

そうすることで、飼い主のことを信用してしつけがしやすくなります。

まとめ

愛犬のしつけがなぜ子犬の時期に、しかも食事の時間を使ってやることが有効なのか伝わったでしょうか?

愛犬は飼い主のことを非常によく見ています。この人のことを自分は信用しても良いのか考えながらこちらを観察しているのです。その期待に答えつつ、しつけとして厳しく接するようにしてください。