更新日 : 2021年03月25日

おすすめペット保険3選。人気ペット保険の中から厳選!

犬が病気にかかってしまったり、ケガをしてしまった場合の手術費や通院費は想像以上に高額となります。医療技術も日々進歩しているので薬を飲めば治る病気や手術をすれば治る病気も増えてきている中、高額な治療費を払う事ができず治療を諦めてしまう人がいるのも現状です。そのような悲しい結果とならないためにもペット保険に加入しておくことをおすすめします。今回は、人気があるペット保険の中からおすすめな保険3社をご紹介いたします。是非参考にしてください!

補償割合を重視するなら【日本アニマル倶楽部】

日本アニマル倶楽部の保険は、犬の場合生後60日以上~満8歳未満まで加入が可能な保険です。月額はプランにより、一番良い補償内容を選択すると他の保険と比べると高くなりますが、補償割合は100%で、各プランには補償限度日額が設定されており、その金額が限度として保険金が支払われるようになっております。補償割合重視な方はおすすめな保険です。

POINT

日本アニマル倶楽部の保険プランの中には、ペット賠償責任特約がついていないため、賠償責任特約がついている保険を希望の方には向いていません。

月々の保険料について

月々の保険料について日本で人気ランキング上位の小型犬~大型犬それぞれが0歳で加入した場合の保険料をご紹介いたします。
【プレミアムオレンジプランの場合】

トイ・プードル月払い3,150円/年払い34,730円
柴犬月払い4,040円/年払い44,490円
ゴールデンレトリバー月払い5,800円/年払い63,860円
https://www.i-hoken.info/pet/insurance/animal/

補償内容も大切だけど料金も気になる方には【FPC】

FPCの中でも【フリーペットほけん70%プラン】がおすすめです。月々の支払料金も抑えられていて補償内容も豊富なので、補償内容が気になる方でも安心して加入できる保険です。

POINT

補償金額は上限70%までのプランしかないため、それ以上を求めている方の場合は向いていません。ですが補償対象の内容は月々の支払金額を見るととてもお得となっています。また多くの保険会社は年齢と犬種事で月々の掛け金が変化しますが、FPCでは、年齢で変化するので、お得感がありますね。

月々の保険料について

月々の保険料について日本で人気ランキング上位の小型犬~大型犬それぞれが0歳で加入した場合の保険料をご紹介いたします。
【プレミアムオレンジプランの場合】

トイ・プードル月払い1,950円/年払い21,250円
柴犬月払い1,950円/年払い21,250円
ゴールデンレトリバー月払い1,950円/年払い21,250円
https://www.i-hoken.info/pet/insurance/fpc/

安さを重視するなら【au損保】

au損保のペット保険は、保険金の請求回数、1回の保険金に上限がある事に不安を抱いている方向けに、保険期間中の保険金支払いは支払限度額まで回数無制限で1回の支払い制限がない事が大きな特徴となります。また、24時間365日ペット専門の獣医師に無料相談できる点も良心的です。コースも70%と50%の2つから選ぶことが出来ますので、掛け金を抑えたい方は50%コースがおすすめです!

POINT

通常のコース内容には、通院補償がついていない点が少し残念ですが、もし通院補償も付けたいという方には、少し掛け金はアップしますが「通院ありタイプ」に加入する事をおすすめします。

月々の保険料について

月々の保険料について日本で人気ランキング上位の小型犬~大型犬それぞれが0歳で加入した場合の保険料をご紹介いたします。
【コース50(通院無し)の場合】

トイ・プードル月払い990円/年払い10,760円
柴犬月払い990円/年払い10,760円
ゴールデンレトリバー月払い1,870円/年払い20390円
https://www.i-hoken.info/pet/insurance/au/

まとめ

おすすめペット保険についていかがでしたか?年々増えてきているペット保険会社の中で、飼い主がペット保険に求めている事を大きく3つに分けてご紹介いたしました。「もしも」の時に備えておく事で「お金がないから治療を続ける事ができない」という悲しい結果とならずに済みます。この記事が少しでもニーズに合った保険選びの手助けとなれば幸いです!