更新日 : 2021年03月30日

愛犬のお手入れした後にはご褒美のマッサージを!方法や注意点について。

多少なりともストレスを伴う毎日の愛犬のお手入れですが、そんなストレスを癒すために「マッサージ」をお手入れをしている最中やお手入れ後にしてみてはいかがでしょうか?今回は犬のマッサージの方法について、愛犬が喜ぶマッサージ方法や注意点などをご紹介します!是非参考にしてください!

マッサージをする前に注意しておくこと

愛犬のマッサージを実地する前に、注意しておきたい事をいくつかお伝えいたします。

ケガをしている場合や手術後はNG

関節や背骨などの疾患(ケガ)や手術後に治療効果があると言われているマッサージや運動は、素人判断で行うと傷口が開いてしまったり、悪化してしまったりする可能性があるので、ケガをしている時や手術を受けた後などは、専門の方に一度相談してみる事をおすすめします!

力を入れ過ぎないように

力を入れ過ぎてしまうと、もちろん痛みを伴い体に触られることを嫌がるようになってしまいますので、優しくマッサージをするようにしましょう。

嫌がるところは無理に触らない

触られて嫌な反応を見せる場所は無理に触らないようにしましょう。触られてきもちよさそうにしている場所や、嫌がらない場所をマッサージしてあげましょう!

犬が喜ぶマッサージの方法

早速、犬が喜ぶマッサージ方法を部位別でご紹介いたします!

顔まわり

目や口の周りは表情を作ったり、遠くのものを見たりと疲れがたまりやすい箇所の一つです。歯磨きや顔周りのお手入れをした後などに優しくマッサージをしてあげましょう!

目の周り

目の周りを囲んでいる骨の先端部分を優しく指で撫でてあげたり「くるくる」と小さな円を描きながら1周しましょう。この時目に指が入らないように気を付けてください。

口の周り

目の周りをマッサージする時と同様、指先でやさしく「くるくる」と小さな円を描きながらマッサージをしましょう。

耳・首回り

人間を見上げるために常に使われている首や、より遠くの音を聞くために動かしている耳などは負担がかかりやすい箇所となります。ブラッシングなどの際についでにマッサージをしてあげましょう!

首回り

気道や頸椎を避けて首を両手で挟み、筋肉をほぐす様に円を描きマッサージをしてあげましょう。

耳を優しく指で挟み、耳の根元から先端に向かって優しく引っ張ったり揉んだりしてあげましょう。つまむときは指の腹の部分でつまんで爪を立てないようにしましょう。

お腹・背中

背骨は体を動かす際に重要な役割を果たしている為、負担もかかりやすい箇所です。また、お腹は胃腸の運動を促す効果があります。ブラッシングのついでにマッサージをしてあげましょう!

背中

手のひらで優しく首の後ろから腰にかけて撫で、次に肩から前足の先、腰から後ろ足の先に向かって優しく撫でてあげましょう。

お腹

愛犬を仰向けにさせて、右回りで円を描くようにお腹を軽く撫でてあげましょう。胸の部分も同じようにマッサージをしてあげてください!

足・肉球

足や肉球は常に負担がかかっています。そのような場所を丁寧にマッサージしてあげる事で疲労回復の効果があると言われています。爪切りをしたついでに優しくマッサージをしてあげましょう!

足(後ろ足)

つま先から足の付け根を流すようにマッサージしましょう!アキレス腱は強く触ると痛みを伴いやすい場所などは優しくつまむ様にマッサージをしてあげてください。

肉球

真ん中にある大きな肉球は下から上に押し上げるように、周りにある小さい肉球は優しくもみほぐす様にマッサージをしてあげましょう。滑りやすくするために肉球マッサージ用のクリームを使う事をおすすめします。

まとめ

犬のマッサージについていかがでしたか?マッサージは疲れを癒すだけではなく、体を触る事で異変にいち早く気づくことが出来ます。日常のお手入れのついでや、リラックスしている時間など定期的にマッサージを行う事をおすすめします!