更新日 : 2021年06月03日

犬の無駄吠えの理由は?しつけで無駄吠えをなくす方法とポイントを紹介

犬の無駄吠えは、ご近所さんへ大変迷惑となる問題行動です。クレームがきてしまう前に、無駄吠えを少しでも改善するためには、しつけが必要となります。今回は、特に多い犬の無駄吠えをピックアップして、無駄吠えを無くすためにどのようなしつけを行えばいいのか、しつけの方法をご紹介いたします!

どこからが無駄吠えなの?

犬が吠えるという事は、人間が毎日誰かと喋っている事と同じで当たり前な行動で、それを全く無くせという事はできません。

ですが、家のチャイムに異常に吠えてしまう、何かを要求してくる時に異常に吠えてしまう、なぜか長時間吠え続けている、などの行動は近隣に不快にしてしまう為【無駄吠え】に入ります。無駄吠えを改善させるしつけというのはこの【必要のない吠え】を改善する事を目的とします。

お留守番の際に吠え続ける犬に対しての対策

お留守番の際に吠え続ける場合【分離不安】の疑いがあります。この分離不安はしつけではなく、対策をする必要があります。

対策①おもちゃを置いて外出する

おもちゃを置いておくと落ち着いてお留守番が出来る事があります。おもちゃは部品が取れてしまう心配のない、安全なおもちゃを置いてあげて、誤飲を防ぎましょう。

対策②お散歩を十分にしておく

分離不安の原因の中に【刺激不足】【運動不足】という事があげられています。可能であれば、お留守番の前にお散歩に行くことが良いのですが、難しい場合は普段のお散歩の時間で犬が満足しているかチェックしておく必要があります。

対策③犬の保育園へ預ける

地域によっては、犬専用の保育園を運営している所があります。そういった場所が近くにある場合、預けておくことも一つの方法です。

対策④ドッグカメラを設置する

マイク付きのドッグカメラを設置して、犬が吠えているときに声をかけてあげると、一時的ですが安心させてあげられます。

通行人や物音などに過剰に反応する場合

通行人や物音など、家族でない他人へ吠え続けている場合、成犬になってからのしつけは少し難しくなり根気が必要です。

コマンドを出す

吠えている時に【おすわり】【まて】など、コマンドを出して従ったらご褒美をあげましょう。

大きな音を出して気をそらせる

コマンドを出しても効果がない場合、ペットボトルや金属など大きな音がなる物を床や壁などにたたきつけて大きな音を出しましょう。金属の貯金箱の中に小銭を入れたものを高いところから落とすと結構大きな音がなります!そういった方法で、ピタっと鳴き止んだら褒めてあげましょう。これを根気強く続けましょう。

音を鳴らす際の注意点

大きな音を鳴らす際に、飼い主さんが出していると悟られてはいけません。犬がびっくりして振り向く前に、音を鳴らしたものを手に持ったままの場合は隠してください!

チャイムが鳴ったら吠える場合

玄関チャイムが鳴ると吠えてしまう子のしつけはいくつか方法があるのですが、その中でも簡単に実施出来る方法をご紹介いたします。

インターフォンの近くに【ハウス】を設置する

愛犬がいつも入っているケージやサークルは出来るだけインターフォンの近くに設置してください。

チャイムが鳴ったと同時にハウスに好物を入れる

家族や知人誰でもいいので、わざとチャイムを鳴らしてもらいましょう。そして、チャイムが鳴ったと同時に愛犬の好物(おやつやフード)を投げ入れます。これを何度も繰り返すと、好物欲しさにチャイムが鳴ったらハウスに入る様になります!コングの中におやつを入れるなど食べるのに時間がかかるような工夫をしておく事をおすすめします!

まとめ

いかがでしたか?無駄吠えのしつけはどれも根気がいります。無駄吠えを予防する事で大切な事は

  • 子犬の頃から他の犬、他の人との触れ合いを沢山させておく。
  • 一つの方法にとらわれず、犬に合うしつけの方法をみつける。
  • 普段のお散歩はしっかりとしておく。

また、なぜ吠えているのかを理解してあげて、原因を取り除いてあげる事も大切です!愛犬と飼い主の生活の質を守る為にも、根気強くしつけを続けましょう!