更新日 : 2021年06月06日

子犬のしつけはいつから?まず教えたいトイレトレーニングについて

愛犬のしつけって意気込んでいても意外とうまく行かないことが多いと思います。実は愛犬のしつけのために愛犬が家に来る前からするべき準備があることや、普段何気なくやっている飼い主のNG行動に気付いていないだけの場合がほとんどです。

そこで今回の記事では、どうすれば上手にしつけができるのかご紹介していきます。

1.しつけは始める前の準備が大事

初めて愛犬を飼うときに、飼い始めてからしつけを調べるのでは遅いです。

しつけは愛犬が家に来る前に行う準備が大事になります。

家庭内で次のようなルールを決める必要があります。

叱るときの言葉を決めておいて統一する

これは、愛犬への指示する言葉を統一することは大事なことです。

よく叱り言葉として家族によって「ダメ!」「やめなさい!」など違う叱り方をしますよね。また「こら!やめなさい!ダメ!」など長い言葉で叱ることがありますがどちらもNGです。

人にとってはどの叱り言葉もいけない事を指摘しているつもりです。しかし犬にはそれぞれが違う意味の言葉に受け取ってしまいます。また長い言葉も犬を混乱させるため止めましょう。

そこで、犬に接する家族の中で叱り言葉は一つに決めて、叱る時にはその一言だけで叱るようにしましょう。そうすれば犬は早く叱り言葉を理解することができ、しつけがスムーズにできるようになります。

家族で愛犬への対応を変えない約束をする

愛犬は家族のことをよく観察しています。問題行動をした時に、父親が叱って子供は叱らないでいると、愛犬はそれがいけない事だと理解してくれません。

また問題行動を許してくれる人を、自分より下と思うようになります。そうなってはいくら叱っても自分より下の人の言うことは聞かなくなるので、しつけがうまくできません。

そこで愛犬への対応を変えないようにすることを、まず家族全員が理解しておきましょう。

愛犬のやることに大騒ぎしない

よく飼い主の皆さんがやってしまいがちなのが、愛犬のイタズラに過剰に反応してしまうことです。飼い主の皆さんからすると、やったことに対して怒っているわけですが、愛犬にとっては遊んでくれているサインに受け取られます。

なので愛犬がイタズラした時には、一言叱り言葉を言うのみでそれ以上のことは控えるようにしてください。また反対に良いことをした時には、大げさにしっかり褒めてあげるとしつけにはGoodです。

愛犬がイタズラできない環境を作っておく

人間なのでどうしてもイタズラされるとキーっとなって大声で叱ってしまうと思います。そこでオススメなのが、触ってほしくないもの、つまりはイタズラさせたくないものを愛犬の手が届かない場所に保管するようにすることです。

そもそも飼い主が怒らないために、原因を先に取り除いておくというこの方法は非常に有効なのでぜひお試しください。

2.悩みの種になりやすいトイレトレーニングについて

トイレトレーニングは習得が大変であり、失敗した時に大声で愛犬に怒ってしまい中々トイレのしつけが出来ない負のスパイラルに陥りがちです。

そこで次のポイントを意識してしつけに取り組んでみてください。

トイレの設置場所は静かな場所にするべし!

人が通らない静かな場所にトイレを設置しましょう。そしてトイレのエリアを決めた後に、トイレシートを全体に敷き詰めましょう。そして愛犬がトイレを済ませた後にシートが汚れますよね。そうしたらシートを全部変えるのではなく、匂いの付いたシートを1枚わざと残してください。そうすると愛犬は次回もそこへ行きトイレをしやすくなるのでオススメです。そして最後はシートを外しても同じ場所でトイレを済ませてくれるようになります。

誘導のタイミングを知っておくべし!

愛犬が床に匂いを嗅ぐ、落ち着きがなくなった時がトイレのサインです。そのタイミングですぐにトイレの場所へ誘導しましょう。また子犬の時には定期的に誘導することで、トイレを早く覚えてくれます。そしてトイレがうまくできた時にはしっかり褒めてあげましょう。

この時、間違っても途中でトイレをしてしまって大声で叱るのはやめてください。

トイレを違う場所でしてしまったら、すぐ消臭すべし!

犬は、排泄物の臭いを嗅いで自分の縄張りを確認する習慣があります。なので臭いが残っている場所に留まる行動や、その場所はトイレをする場所だと間違って覚えてしまうのです。

なのでトイレ以外の場所でしてしまった場合には、怒るのではなく消臭スプレーなどで臭いを消してあげましょう。

まとめ

愛犬のしつけは、家に来る前から始まっています。ついつい可愛がるあまりにしつけをするにあたってNGな行動をしてしまう飼い主さんが多いので気を付けましょう。

また悩みが多いトイレトレーニングも今回ご紹介した方法と理論さえ押さえておけばスムーズにしつけが出来るのでぜひお試しください。