更新日 : 2021年08月04日

【犬種別!】ミニチュア・ダックスフンドの1日の散歩時間や回数は?注意点も。

胴長短足で大人気なミニチュア・ダックスフンドは、その体型が原因で骨の病気にかかりやすい犬種でもあります。過度な運動は腰に負担がかかる他、体調不良の原因となる可能性があるので、その子に合ったお散歩の時間が必要です。

今回は、ミニチュアダックスフンドはどのくらいのお散歩が必要なのか?注意点やポイントまでご紹介いたします!是非参考にしてください。

ミニチュア・ダックスフンドの適切散歩時間と頻度について

ミニチュア・ダックスフンドの適切なお散歩時間は1日約40分~1時間程度を1日2回に分けてする事が理想的なのですが、年齢や体調、その子の運動能力によって調整しなければいけません。

散歩のし過ぎは椎間板ヘルニアの発症原因になる!

過度な運動は腰に負担がかかり椎間板ヘルニアの原因になってしまいます。元々活発的な性格でもあるのでいつものお散歩時間では満足いかず「もっとお散歩に行きたい」アピールをしてきますが、お散歩時間をほんの少しだけ伸ばし、あとはお家の中で遊んであげる様にしてください。

散歩のしなさすぎもNGです!

過度な運動は体の負担にもなるので気を付けなければいけませんが、反対に運動のしなさすぎにも気を付けなければいけません。

運動不足になると以下のような問題が生じます。

  • ストレスが溜まり、攻撃的になる
  • 肥満になる
  • 生活習慣病の発症
  • 椎間板ヘルニアの原因になる

特にミニチュア・ダックスフンドは肥満体系になりやすい犬種です。肥満になると腰に負担がかかり椎間板ヘルニアの原因となってしまう為、体重管理のためにも適度な運動は必要になってきます。

雨の日や散歩ができない時の対処法は?

飼い主さんが忙しくお散歩に行けない日や雨の日など、お散歩に行けない際は無理にお散歩に行く必要はありません!

しかし、家にいるだけでは愛犬も退屈です…。そんなお散歩に行けない日には、お家の中で沢山遊んであげるようにしましょう。

注意点:障害物は移動させておく
お家の中で遊ぶ場合、周りに障害物があるとぶつかりケガをしてしまう可能性があります。遊んでいる間だけでも障害物は端に寄せておくなどの対処をしておきましょう!

お散歩時の注意点

ミニチュア・ダックスフンドのお散歩にはいくつか注意しなければいけない点があります。

季節によってお散歩の時間帯を調節する

足の短いミニチュア・ダックスフンドは地面からの熱の影響を受けやすく、熱中症にかかりやすくなります。そのほかにも肉球をやけどしてしまったりと特に真夏のお散歩は時間帯を早朝・夕方など涼しい時間帯を心がけていくようにしましょう。

反対に冬には寒さの影響を受けやすくなりますので、比較的暖かい日中に行き洋服を着て寒さ対策をしてあげる事をおすすめします。

POINT:夏のお散歩は特に水分補給をこまめに!
夏のお散歩はとくに、いつもより多めに水分を持ち歩きこまめに水分補給をしてあげましょう。

腰に負担がかかるお散歩コースは避ける!

階段や急な坂道などは、腰に負担がかかり危険なのでそのようなコースは出来るだけ避けることをおすすめします。

引っ張り癖を付けさせない

お散歩が大好きなわんちゃんにとってのお散歩時間は1日の中で1番楽しい時間です。しつけをしていない子は、早く先に進みたいと興奮しリードを引っ張ってしまう子がほとんどです。

リードを引っ張りながら歩く事は腰に大きな負担をかけるだけではなく、思いがけない事故に遭ったりトラブルの原因ともなりますので、引っ張り癖がある子には「リーダーウォーク」のしつけを行いましょう!

まとめ

ミニチュア・ダックスフンドのお散歩についていかがでしたか?

「室内犬なので、外での運動はそれほどいらないだろう」と認識してしまっている方も多くいらっしゃいますが、ミニチュア・ダックスフンドは小型犬の中でも活発的な性格の子が多く運動を好みます。

ストレスや肥満にならないためにも、愛犬の様子を伺いながら毎日お散歩に行き適度な運動をしてあげてください^^