更新日 : 2021年08月31日

しわのある犬種のお手入れ方法とは?パグやフレンチブルドッグなどを飼っている人必見です!

ブサカワと言われ、日本でも多くの方が飼育している犬種

  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • ペキニーズ

などの犬種には他の犬種にはない顔や体のしわが特徴的ですよね!実はこのようにしわがある犬種には、他の犬種にはないお手入れをプラスしなければいけない事をご存じでしょうか?

今回は、しわのある犬種に必要な定期的なお手入れ【しわのお手入れ方法】についてご紹介いたします!

しわのお手入れを怠るとどうなるの?

単刀直入に言うと、お手入れを怠ると酷い臭いがするようになります!!そして皮膚病になってしまう事もあります。

しわの間は細菌が繁殖するためには絶好な環境となっています。食べかすや汚れが溜まりやすい構造で、皮膚が重なっている部分が蒸れる事によって、細菌が好む環境になっているのです。

この細菌が大量に繁殖すると独特な臭いが発生し、放っておくと皮膚病の原因にもなってしまうので、しっかりとお手入れをしてあげる事が大切です。

しわのお手入れは毎日!

しわの間には食べカスやホコリなどが溜まりやすく、毎日お手入れしていてもすぐに汚れが溜まり臭いが発生してしまいます。1日お手入れをサボってしまっただけでも汚れが沢山溜まってしまっているという状況は珍しくありません。

しわのお手入れはできれば毎日行う事をおすすめします!

顔を触られるのが嫌な子には…?

わんちゃんは顔周りを触られる事が苦手な子が多く、しわのお手入れ習慣が無い場合激しく嫌がる子もいます。そういった場合は1度で綺麗にする事はせず、毎日少しずつお掃除して、徐々に慣れさせてあげましょう!

お手入れの後にご褒美を与えて、お手入れをすると良いことがあると教えてあげる事もおすすめです^^

しわのお手入れ方法

まずはしわのお手入れに必要な用品を用意しましょう!

お手入れに必要な用品は以下の3点です。

  1. 綿棒
  2. ウエットティッシュ
  3. タオルまたはガーゼ

お手入れの手順

①ウエットティッシュまたは、タオル(ガーゼ)を蒸して暖かくしたものですべてのしわの間を拭き取りましょう!
※この時強くこすると傷が付きそこからバイ菌が入り皮膚病などを発症する可能性があるので優しく拭き取りましょう。

②すべて軽く拭き取った後は、頑固な汚れや残った汚れを綺麗にしていきます。綿棒やウエットティッシュなどを使い優しく拭き取ってください。

綿棒はぬるま湯で湿らせておくことで、汚れが落ちやすくなるのでおすすめです♪

③全体的に綺麗になったら、最後に乾いたタオル(ガーゼ)で水分を綺麗に拭きとってあげましょう。

ここで水分が十分に拭き取れず湿り気が残ってしまうと細菌が繁殖してしまうので、十分乾かしてあげましょう。

注意点
定期的にしわのお手入れをしていない場合、タオルやガーゼなどの拭き取りだけでは綺麗にとれない事があります。

その場合、無理にこすると痛い事はもちろん皮膚を傷つけてしまう事があるので、軽くこすっても取れない汚れに関しては、シャンプー時に綺麗に落としてあげましょう。

注意点

蒸しタオルやぬるま湯を使用する場合は、火傷の恐れがあるので温度には十分に気を付けなければいけません。大体人肌ほどの温度で調節してあげましょう!

まとめ

しわのお手入れ方法についていかがでしたか?

しわのある犬種は、しわのお手入れを怠るとその独特な臭いで、人間はもちろん、わんちゃんにとってもストレスになってしまいます。それだけではなく皮膚病の原因ともなってしまいます。

ペキニーズはパグやフレンチブルドッグほどしわが多くありませんが、汚れを放置していると同じく独特な臭いが発生します。しわしわ犬を飼育する場合は、毎日しわのお手入れをして清潔に保つよう心がけましょう^^